時代と共に家族の形が変わっていくのと同じ様に、お墓のあり方もまた変わりつつあります。

先祖代々の墓を守る事が普通であった時代から、諸事情から管理しきれなくなったお墓を片付ける墓じまいが増えつつある時代になっています。
そういった背景もあり、最後を散骨という形で終えられる事を望む方も増えています。
自然葬などの選択肢と合わせ、これからの時代に沿った新しい埋葬の形と言えるでしょう。

メリットはかかる費用が安くて済むという点です。

散骨に関するご質問を解決いたします。

人生の最後にかかるコストをどう考えるかは人それぞれかも知れません。

しかし新しく墓石を買ってお墓を作る事から考えれば、20万円程度で行えるため、残された方々への負担を軽減できる事も事実です。

All Aboutはこちらのサイトで情報公開中です。

また、最近ではご家族への負担を考慮されて、御自身で散骨を望まれる方も増えています。
90年代までは法的に許可されていませんでしたが、現在では節度を守っている限りは許可されています。



節度というと主観で判断してよいかの様な表現ですが、各自治体によっては規制もある為に確認が必要なので注意しましょう。

節度の内容にはお骨の形状も考慮されます。
後にトラブルにならない様に完全にパウダー上にする事が散骨では望ましいでしょう。
まだ歴史的にも浅く、他の親戚や自治体の許可も必要となる散骨ですから、個人で行うよりも専門の業者にお願いして、粉骨の段階から全てお願いしておく方が安全で確実です。


故人の願いを叶えると共に、自然な形で最後を見送る儀式の1つとして、散骨をイメージされると良いでしょう。